2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 寒いです。 | トップページ | 水があまりない場所でのカレー作り (肉不使用) »

2010年8月 9日 (月)

毒のある植物(有毒植物) 覚書

個人的な意見ですが、無農薬栽培の食用の植物(野菜・果物)のほかは全て害があるかもと思ったほうが良いかなと思っています。食用の植物でも、農薬や除草剤などがかかっていたら、身体に害を与えるかもしれませんし…

生食できない野菜類は危険だと思っていたほうが良いと思います。

何はともあれ、慎重なほうが無難なような気がします。

毒のある植物についてはよく言われるので、メモしていたので、残しておこうと思います。検索の時には、有毒植物で検索すると良いかもしれません。

すずらん

クマンソウ

トリカブト

デルフィニウム

キョウチクトウ

ヒガンバナ

観葉植物の多くは危険かも(オリヅルラン、ディフェンバキアなど)

など。

ハーブも、妊婦などが食べたらまずい場合があるようです(たとえば、バジルなど)。それから、強いハーブもあるようです。セント・ジョーズ・ワート(セイヨウオトギリソウ)などは、かなり強そうです。

それから、犬猫は、人間とは違って、たまねぎなど食べられないようです…

« 寒いです。 | トップページ | 水があまりない場所でのカレー作り (肉不使用) »

ガーデニング・室内植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毒のある植物(有毒植物) 覚書:

« 寒いです。 | トップページ | 水があまりない場所でのカレー作り (肉不使用) »