2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« ブログを始めて七週間が過ぎました。 | トップページ | Oriental poppy(英語)(Papaver orientale(フランス語)) 'Perry's White' »

2010年8月18日 (水)

Anthony Waterer Spirea Latin: Spiraea X bumulda 'Anthony Waterer'

最近購入した植物です。

以下に覚書として情報を載せます。

Anthony Waterer Spirea Latin: Spiraea X bumulda 'Anthony Waterer'

シモツケの類 アンソニー・ウォーターラー(?)

シモツケは、1865年頃日本からイギリスに持ち込まれたそうです。1880年代に、Knapp Hill Nurseryナップヒル(?)養苗場でアンソニー・ウォーターラー(?)氏によって育てられたので、彼の名前を取って名づけられたそうです。Spirea japonicaAnthony Waterer Spireaよりも小さいそうです。

でも、インターネット上の情報では、Spiraea japonica ( 'Anthony Waterer' Japanese Spiraea )と書いてあるものもあります。

一応の情報です。

潅木です。冬に落葉します。

夏(盛夏から晩夏)に開花します。花の色は、さくらんぼ色(ピンクと赤の中間くらいの色かな?)かピンクです。花は長く持ちます。

高さは、120センチから150センチくらいになるそうです。幅は、120センチから150センチくらいになるそうです。でも、他の情報だと、高さも幅も80センチなのですが…

ぎざぎざの葉は、高い場所は深緑色で、低くなるにつれて、灰色がかった緑色になります。若葉は赤っぽいです。

成長は早いです。

日当たりの良い場所を好みます。一日6時間は日に当てましょう。

土は、砂っぽいロームから粘土質のロームまで大丈夫です。水はけの良い土地を好みます。湿った土地から普通の土地まで大丈夫です。

このように良いことの多いシモツケですが、病虫害にあう可能性が高いです。

以下の病虫害に注意です。アブラムシ、粉を噴く白カビ、毛虫、葉に斑が出る(黒星病の類、菌類によるものかバクテリアによるものだそうです)、カイガラムシ、葉枯れ病・胴枯れ病(?)の類。万が一これらの病虫害にあったら、直ぐに対応しましょう。カイガラムシは成虫になったら、取り除くのがものすごく難しいです。

« ブログを始めて七週間が過ぎました。 | トップページ | Oriental poppy(英語)(Papaver orientale(フランス語)) 'Perry's White' »

ガーデニング・室内植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Anthony Waterer Spirea Latin: Spiraea X bumulda 'Anthony Waterer':

« ブログを始めて七週間が過ぎました。 | トップページ | Oriental poppy(英語)(Papaver orientale(フランス語)) 'Perry's White' »