2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« オオクロムクドリモドキが40羽以上庭にやってきました。 | トップページ | 近所の庭で見た草花 覚書 7月編 »

2010年7月25日 (日)

ナゲキバトが二羽庭に来るようになりました

ナゲキバト(英語名mourning Dave フランス語名 Tourterelle triste 学名 Zenaida macroura)が昨日から庭に来るようになりました。常識的に考えて、こんな北にまでは来ないと思っていたので、びっくりしました。インターネットで調べたら、ナゲキバトは結構いろいろな場所に行くようです。

今さっきも二羽来ました。一所懸命、ひまわりの種を食べていました。

名前が悲しげですが、色もなんとなく名前にあっているような気がします。

« オオクロムクドリモドキが40羽以上庭にやってきました。 | トップページ | 近所の庭で見た草花 覚書 7月編 »

野生の生き物観察」カテゴリの記事

コメント

鳥が家に遊びに来るようになるのって本当に嬉しいですよね。
我が家にも、昨年親子がご飯を食べに来ていました。
子供にパンを投げても、まだうまく自分でキャッチできないような頃です。
お母さんにあげて、お母さんが口移しで子供にあげる という毎日だったのですが、子供が自分でエサを取れるようになったのでしょうか。それ以降全く来なくなりました。
今年もまた、新しい親子が遊びに来てくれるといいな。

kAoLIさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。今までkAoLIさんの名前のスペルを間違えていました。小文字のkだったんですね。すみません。

新しい鳥の親子が、きっと遊びに来ると思いますよ。居心地の良い場所については、鳥はしっかり覚えているような気がします。。「あそこの人は優しいぞ、一回行ってみたら」なんて、鳥同士で話題にしているのかしら、と思うときがあります。

もしかしたら、子どもだった鳥が、親になって、自分の子どもを連れてくるかもしれませんね。自分が生まれ育ったのと同じ地域で巣作り・子育てする鳥は多そうなので…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384934/35884926

この記事へのトラックバック一覧です: ナゲキバトが二羽庭に来るようになりました:

« オオクロムクドリモドキが40羽以上庭にやってきました。 | トップページ | 近所の庭で見た草花 覚書 7月編 »