2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« ブログを始めて一週間がたちました | トップページ | 遺伝子組み換え作物が怖い人に 海外旅行のとき知っておいたほうがいい言葉 »

2010年7月 5日 (月)

女性のための防犯講座 路上編 覚書

昔、私がまだ若かった頃、大都会に出てきた女性の知り合いの多くが、(本人は気をつけているといっているのですが)ちょっとした(?)犯罪にあいやすく、困っているのを見て、なんとなく、別れ際の挨拶のときの一言「気をつけてね」だけでは(一応首都圏出身の)私の目には十分ではないように思われて…以下のようなことをちょっとずつ言った事があります。私の感覚では常識だったのですが、どうやら常識ではないようなので、一応、覚書として、残しておきます。気を害されたらご免なさい。

出かけるときは、安心して話せる知り合い(友人)に自分が何処に行くのか、特に自分のとる道順について話しておこうよ。アドバイスがもらえるかも。

道順には、近道だとしても、公園や細い道を含めないほうが良いよ。公園は変な人がいるかもしれないし、細い道だと変質者がいたら逃げるとき背中を見せる羽目になるし、それは危険。

道順には、交番やコンビニなど、いざというとき助けを求められる施設のある道を選んだほうが良いよ。

道順には、人がいて、街灯などがしっかりついている道を選ぼうよ。

道順には、自分の知っている道を選ぼうよ。自分の知っている道がやばそうだったら、安全な道を選ぶか、遠回りしてでも、電車・バス・タクシーなどの交通機関を使ったほうが良いかもよ。それか、誰か知り合いと一緒に知っている道を歩くとか(でも、複数の人で歩いても、危険な道が危険な道であることにはかわりがないよ)。

車の通る道の場合、車道側に近い場所を歩かない。車道側に自分のバッグなどを持たない。(ひったくられるから。)

自転車で移動するときは、自転車かごの中に重要なものは入れない。自転車カゴにネットをかけていたとしても。

自転車で移動するとき、人気(ひとけ)のない瞬間があって、近くに人・車が来たら、「自転車ごと倒されるかも」と警戒したほうが良いよ。

歩くときは、きょろきょろしない。ふらふらしない。バッグを振って歩かない。いつでも警戒状態。自分の本能を研ぎ澄まし、危険を五感(六感)で感じ取る!

自分が「つけられている」(追跡されている)と感じたら、前方の安全を確認してから、後ろを確認する。追跡されているなと思ったら、人のいる場所・建物(駅・交番・コンビニ・レストラン・人がいるとあからさまにわかるお宅(知らない人のお宅でも))に入る。そして、助けを求める。駅やコンビニなどに入って、それでも変な人が立ち去らなくて、でも助けを呼ぶのが恥ずかしい場合は、携帯などで、知り合いを呼ぶんだ!犯罪にあうよりましだよ。

自分が歩いているときに、自動車に乗った人に呼び止められたら、自動車に連れ込まれないよう、自動車やその扉には近づかない。無視しても良いけれど、とっさのときって、無視できないことも多い。無視できない内容のことも多い(都会では道を尋ねられることが、場所によっては非常に多いからね。小さな親切はしたほうが良いと思うのはありがちだし、まちがっていない。でも、相手に注意・警戒はしてね。)。だから、話したけられて答えるなら、大声で答えるんだよ。相手が小さな声でしゃべってきたら、近づかないで、「もっと大きな声で言ってください。聞こえません」と答えるんだ。

鍵とか身分証明書の類は、バッグの中ではなくて、自分の身につけるんだ。具体的に言うと、外から他人の手が簡単に入らないような場所にあるポケットに入れるのが無難。だから、ポケットが丸見えにならないよう、重ね着はしたほうが良い。

鍵は、車の鍵の場合でも家の鍵の場合でも、ドアの前で探すような事をしてはだめだよ。そうやってもさもさしていると、うしろに誰かがやってきててもあなたは気づかず、あなたがドアを開けた瞬間あなたをドアの内側へ押し倒すから。もしくは、あなたが変な人に気づいてもあなたには(あなたはドアとその変な人に挟まれて)逃げ場がなくなっているから。

鍵は人の多い場所にいるときから手に握っておこうよ。鍵は金属のことがおおいから、いざというときあなたを守る武器にもなる。鍵が武器になるのは知らない人が多いみたいだけれど。だから鍵は、あなたが最後に寄る人気(ひとけ)のある場所(駅・バス・コンビニのなかなど)で出して、手に握っておこうよ。

公衆トイレに入るときは、全ての個室をチェックしよう。それから、入り口もね。場合によっては、清掃用具入れも見ておこう。女性がたくさんいる公衆トイレなら、安心度は高い。でも、女性達が去ってしまったら、あなたはそのトイレに一人かもしれないから、それを忘れずに。

公衆トイレを使うときは、バッグを床近くや扉の上部に置かない。置きたいなら、とられないような大きさ、重さがあることを確認。

公衆トイレを使うときで、バッグを扉の上部や床近くにやむをえず置きたいときは特に、バッグにお金や鍵や身分証明書を入れておかないこと。

服装は、軽薄なものでも、清楚なものでも、変な人をひきつけるときはひきつける。気をつけるべきは、目つきやあしどりや姿勢。ちょっとでも疲れている様子や迷っている様子、ぼんやりした様子を見せたら、変な人は弱みを見つけたと思って、やってくるかも。目つきは鋭くしっかりと、足取りは着実に(ふらふらせずに)、姿勢はぴんと。歩いているときに誰か(彼氏とか)の事をぼやっと考えていると、変な人にあいやすいのかも。

だから出かける前にきちんと道順など計画を立てておくんだよ。考え事は安全な場所でして、外を出歩くときは、しっかり歩く事を考えるんだよ。

意気込んでしまいました…すみません。

« ブログを始めて一週間がたちました | トップページ | 遺伝子組み換え作物が怖い人に 海外旅行のとき知っておいたほうがいい言葉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1384934/35647135

この記事へのトラックバック一覧です: 女性のための防犯講座 路上編 覚書:

« ブログを始めて一週間がたちました | トップページ | 遺伝子組み換え作物が怖い人に 海外旅行のとき知っておいたほうがいい言葉 »