2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 気温が28度まで上がりました。ひええ。 | トップページ | 映画のこと クシシュトフ・キェシロフスキ監督について »

2010年7月 9日 (金)

カポナータもどきを作りました 

今日も暑くて仕事が手につかないので、午後からの雷雨に期待しながら、カポナータもどきを作りました。参考にしたのは、オールアバウトのイタリア料理のサイトですが、私があまりに適当に作っているので、きちんと作りたい方はオールアバウトのサイトのほうをご覧下さい。サイトのアドレスは以下の通りです。http://allabout.co.jp/gm/gc/178650/ 「イタリアンの定番!野菜たっぷりカポナータ」

私が作ったカポナータもどきの作り方は簡単です。

用意するもの

厚めのフライパン(大きいほうが無難・鍋のほうが良いのかもしれない)

オリーブオイル・ガーリック(にんにく)・玉葱・赤と黄色のパプリカ(色つきのピーマンみたいなもの)・ナス・ズッキーニ(見た目はきゅうりだけど、かぼちゃの仲間の野菜ですが、無ければ無くても良いと思います)・トマト・(赤ワインビネガーのはずですが、家になかったので、)バルサミコ酢(うーん…大丈夫かな)です。

ケイパーを入れるべきなんでしょうが、夫が嫌いなので入れません。

野菜は全て一口大に切ります。そして、食べたくない部分はきちんととります(たまねぎの皮(?)とか、パプリカやトマトの中身とか、ナスのへたとか、ズッキーニの両端とか)。

量は、ガーリックは好み(私は大目かも)で、たまねぎ:パプリカ:ナス:ズッキーニ:トマトは2:2(赤1黄1):2:1:2くらいでしょうか。私はたまねぎを4個分くらい使いますが。また、トマトは大きい場合は一個で十分だと思います。野菜は、毒ではないので、イタリア料理にあいそうな野菜を好きなように入れたら良いと思います。注意すべきは、火の通りやすい野菜を使う事でしょうか。そして、火が通っていたほうがおいしいものから、入れていくことだと思います。

オリーブオイルをフライパンにひいて、弱火でガーリックをいため、軽く色がついたら、たまねぎを入れて、中火(弱火?)で炒めしんなりさせて、それから、パプリカを入れて、炒めて、ナスを入れて、炒めて、それからズッキーニを入れて、炒めて、それから、トマトを入れて、軽く炒めてから、(蓋があれば蓋を使い、無かったらアルミホイルなどで)フライパンに蓋をして、じゅくじゅくと音が立つ程度のまま、弱火で煮込みました。そして、最後にバルサミコ酢を大匙1から2くらい入れて、味を確かめて、もう一回沸騰させておしまいにしました。バルサミコ酢で大丈夫かなと思ったのですが、毒ではないと思うし、食べてみたら、おいしかったので、良かったです。

これを、荒熱をとった後、冷蔵庫で冷やして食べます。

おせっかいかもしれませんが、一言です。フライパンの底にたまねぎやなすやズッキーニやトマトがはり付かないように、炒めるときにのフライパンの底からかき混ぜるようにしたほうがいいです。フライパンにもよるでしょうが、私の家のフライパンはたまねぎとズッキーニがはり付きやすいです。

ということで、今日の夕飯にはカポナータもどきを食べます。メインはズッキーニとトマトのパスタの予定です。パスタはファルファーレを使う予定です。

皆さんの夕飯はいかがでしょうか。

« 気温が28度まで上がりました。ひええ。 | トップページ | 映画のこと クシシュトフ・キェシロフスキ監督について »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カポナータもどきを作りました :

« 気温が28度まで上がりました。ひええ。 | トップページ | 映画のこと クシシュトフ・キェシロフスキ監督について »