2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« 庭のユリにつぼみがついていました。咲くのかしら。 | トップページ | 聞くと危険? 日本初紹介かな、プリュム・ラトラヴェルスさん ケベック その6 »

2010年7月21日 (水)

聞くと危険? 日本初紹介かな、プリュム・ラトラヴェルスさん ケベック その5

ということで、プリュム・ラトラヴェルス(ラトラベルス)さんの音楽を聴いた場合の影響についてです。

まず、目が痛んだり、炎症を起こしたりするそうです。そして、目の炎症、流涙、目のかすみを伴う結膜炎を起こすこともあるそうです。

また、プリュム・ラトラヴェルスさんの音楽に含まれている炎症を起こす成分が鼻咽頭の粘膜を害し、プリュミニト(という病気らしいです)と鼻炎を起こすことがあるそうです。

それから、喘息持ちの方に呼吸困難を、心臓病患者の方に心臓発作を、肺気腫患者の方に感じられる症状の増加を引き起こしたりするそうです。そういうわけで、これらの病気の方たちは、自分たちがいるところでは、「プリュム」しないよう求める権利があるそうです。

ということで、おかしな文章ですが、その6に続きます。妊娠している女性への影響についてです。

« 庭のユリにつぼみがついていました。咲くのかしら。 | トップページ | 聞くと危険? 日本初紹介かな、プリュム・ラトラヴェルスさん ケベック その6 »

フランス語圏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 庭のユリにつぼみがついていました。咲くのかしら。 | トップページ | 聞くと危険? 日本初紹介かな、プリュム・ラトラヴェルスさん ケベック その6 »