2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

« バラ・ばら・薔薇のこと バラの季節ですね | トップページ | 夏至を過ぎても寒い寒い! »

2010年6月27日 (日)

ゼラニウムのこと

ゼラニウムには、簡単に育てられる植物という印象があります。実際にそうだと思います。ガーデニング総合サイト「ヤサシイエンゲイ」も栽培が易しいと判断しているようです。

とはいえ、ゼラニウムは複雑な過去と現在を背負っているようです。

まず、ゼラニウムという呼称に問題があるようです。ウィキペディアの「テンジクアオイ属」の項にいろいろ書いてありました。 

それから、ゼラニウムでも外で栽培できるくらい強健な種類とそうではない種類があるようです。私の家の庭には何種類かのゼラニウムが植えてあります。それらは真冬のマイナス40度を耐えて今花を咲かせています。家の中のゼラニウムは霜が下りたらたぶん耐えられません・・・家の中のゼラニウムと庭のゼラニウムは、本当に異なります。

また、ゼラニウムには、茎がしっかりしているものもあれば、つる植物(アイビーゼラニウム)のようなものもあるようですね。

ニオイも、まったくと言って良いほどないものもあれば、ニオイゼラニウムなどと呼ばれているものもあるようです。蚊よけのゼラニウムなるものを去年購入して、株を大きくし、挿し芽で株の数を増やしました。インターネット上の情報ではあまり効果がないとのことでしたが、私の家では効果があるようです。株はかなり大きい(三株で幅一メートル高さ50センチくらいの大きさでしょうか)ので、ニオイもかなりしますが・・・また、Yahoo知恵袋の質問「ゼラニウムは蚊よけになると聞いたのですが・・・」で、「カレンソウ(蚊連草)」「カコロン(蚊香龍)」は遺伝子操作でできた植物と書いてあったのですが、本当でしょうか・・・

さらに、ゼラニウムには、花弁が一重のものもあれば、八重のものもあるようです。

ここまで複雑なゼラニウムですが、残念な事に、バラのように種類を明確にする名前がはっきりしない事が多いです。私の家にあるゼラニウムのうち、二鉢は「パトリオット」(フクシャ(ピンク色)の花です)という種類ですが、そのほかは単に「ゼラニウム」として売られていました。

皆さんの家にあるゼラニウムの名前、わかりますか。

« バラ・ばら・薔薇のこと バラの季節ですね | トップページ | 夏至を過ぎても寒い寒い! »

ガーデニング・室内植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゼラニウムのこと:

« バラ・ばら・薔薇のこと バラの季節ですね | トップページ | 夏至を過ぎても寒い寒い! »