2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

2019年4月 5日 (金)

スパムコメントが多いのでコメント投稿についていくつか変更しました

こんにちは。

今日、スパムコメントがすごく多いことに気づきました。

こまったものです。

ですので、投稿者の名前と電子メールアドレスの記入を必須にしました。

それから、スパムでないことを証明するための認証システムを入れました。

それから、私の許可を得てからコメントを公開することにしました。

一時的な対処ですので、じきに元に戻したいと思いますが…

どうでしょう。

うまくいくといいのですが…

Dsc07223

 

ゆきです。太っていても、前足と後ろ足が同じ場所に来ます。

 

 

 

 

 

 

2019年3月29日 (金)

なんだか、成功したみたいで、うれしいです。

画像の挿入も、文章の記入もできました!!

うれしいです。

下のオレンジ地に白字の「保存する」を押すとできるみたいですね。

よかったです♪

 

 

Dsc07279

 

また、ゆきです。

この記事はテスト記事です。

こんにちは。

記事をアップできるかどうかわからないので、テストします。

Dsc07287

 

ゆきです。

写真が出るといいのですけれど…

 

 

2019年3月 2日 (土)

ゆきの換毛(ついに!)

こんにちは。
前回の食事スタイルについて、コメントをどうもありがとうございました。
返信ができそうにないので、こちらにて、しますね。
私は犬を長いこと飼っていたので、朝晩の二回に慣れていました。また、犬は、何事に関しても、基本的に、飼い主を待つんですよね。ハッピーのパパさんと同じ感じです。ですので、ゆきのふるまいに、「猫って犬とはかなり違うんだなあ」と思いました。
ゆきは猫なので、一回にたくさん食べることはなく、少しずつ一日何度も食べます。お皿を下げてしまうと、いやなようで、いつもお皿に何かがのっているのがいいようです。
何かの本かインターネット上のサイトに、「猫は一日10回くらい食べることもある」、「お皿が空になっているのは猫にはストレスになることもある」と書いてあって、「そういうこともあるんだなあ」なんて、思ったりもしました。
コメントを頂けて、なんだかすごく安心しました。どうもありがとうございます。
***
ゆきは最近めっきり年取った感じがします。(今年で8歳になります。誕生日は8月21日です。)口元とか、毛の感じとか、なんとなく、ですが…でも、かわいいことには変わりありません。
そうそう、こちらに引っ越してきてから、ゆきは年に一回くらい(たぶん、ですが)毛が抜けるようになりました。
前の家にいたとき、ゆきの毛が抜けないので、ゆきは冬毛と夏毛の区別のない猫なのだと思っていたのですが、こちらの家に来てから、ゆきは毛が抜けるようになりました。
ゆきの抜け毛で毛玉を作るなんてありえないと思っていたころが懐かしいです。
今では、季節によっては、シーツを洗って乾燥機にかけたら、灰色の毛がいっぱい出てきた、なんてことがあります。
なにはともあれ、毛を梳いて、念願の(ゆきの毛で)毛玉を作ることができました。うれしいです。
さて、不思議なのは、どうしてゆきの毛が抜けるようになったのか、ということです。
こちらに引っ越してきたとき、ゆきは5歳、年齢的に、換毛するようになったのでしょうか…なんだかありえないような気がするのですが…
それとも、気候が変わったからでしょうか。
前に住んでいた町では、一年に、2週間くらい暑いときがありました。最高気温が20度を超えるくらいです。時に、30度近くいくこともありました。
今住んでいる町は、一年を通じて、前に住んでいた町よりも気候が温暖です。今年、前住んでいた町が気温マイナス50度だった時に、ここではマイナス30度にしかなりませんでした。しかも、一年に、一か月ほど暑いです。ここでは庭で、キュウリとなすを育てて、食べました。前の町だったら、キュウリとなすを育てるには温室が必要だと思います。
こうやって書いてみると、気候は、結構な違いですよね。
ゆきの体が気候の変化に対応したのかなあ、と書いてて思いました。
カメラの音に気が付いたゆき。
耳が反応しています。
Dsc07222
前足の白と灰色がちょっとアンバランスなんです。
Dsc07223
ゆきの寝ている毛布はゆきのお気に入りです。洗って乾燥機にかけると、灰色の毛がいっぱい埃取りのネットについています。

2019年2月26日 (火)

ゆきの食事スタイル

こんにちは。
今回はゆきのことを主に話しますね。
ゆきには、前まで、床にプラスチックのマットを引いて、その上にお皿を置いて、そこで、食べてもらっていました。
ところが、その方法だと、キャットが、いたずらをするのです。餌のお皿に水を入れてしまう、ゆきが食べるのを邪魔する、餌を床に並べてしまう…困りました。
最初のころは、「キャットは子どもだし」と気にしないようにしていたのですが、そのうち、「キャットは意図的にやっているな」とわかるようになりました。
キャットにいくら注意してもダメ、いたずらはやみませんでした。ふだん、こういうことに関しては、聞き分けのよい子なので、私には意外でした。
そこで、キャットを変えられないなら、ということで、ゆきに頑張ってもらうことにしました。
まず、床に低いテーブルのようなものを置いて、そこにお皿を置いて、食べてもらうことにしました。
結果は…キャットがそのテーブルをおもちゃにしてしまいました。
仕方がないので、私はゆきのお皿をテーブルの上に置くことにしました。
(テーブルは大きい6人用なので、ゆきの皿の分の広さは十分あります。)
そうしたら、キャットのいたずらがやみました。私には不思議でたまりませんが…
でも、ゆきのお皿を床に下ろすと、キャットはあからさまにすごく嫌がるようになりました。
ですので、私が皿を持ち、ゆきは、椅子に座って食べます。もしくは椅子の上に皿を置いて、ゆきは食事をとります。
誰も食べていないときは(深夜など)、ゆきはテーブルにのって食べます…そりゃそうですよね。お皿がテーブルの上にあるのですから。
夫は嫌がるだろうと思ったのですが、夫は案外平気で、というか、普通くらいに思っているようです。
写真を撮ってみました。ゆきが動くのでぶれています。
大きい耳です。ウサギみたいだと思いました。
Dsc07204
椅子の上のゆき。
Dsc07215
こちらは床の上に置いた、ダイエット用のエサ入れ。これも、キャットのいたずらの対象です…
Dsc07221
カメラ嫌いなので、不信感まるだしのゆき。
Dsc07214
キャットの昔使ったビニール製のプール。私たちの家では、室内で、ボールを入れて使っていました。今はゆきが入ります。
Dsc07213
そうそう、それから、一つ疑問に思っていることがあるのですが…
ゆきは、私たちと同じく、一日三回食事をとります。ところが、キャットが午前と午後におやつを食べるようになってから、食事が一日五回になってしまいました。そして、深夜午前二時ごろ何か食べているようです。 
それから、夫や私がキッチンにいると、やってきて催促することもあります。
皆さんのお宅はどんな感じですか。やはり、飼い主と同じ時間に食べたがるものなのでしょうか。

2019年2月20日 (水)

おひさしぶりです。

大変お久しぶりです。
きいろひわです。
コメント欄に書き込めない、リンクをたどれないなど、いろいろな問題があって、しばらくお休みにしていました。
家族は皆元気です。
去年も、ほかの年と同じように過ぎました。
前に住んでいた町を、夏に、訪問しました。私たちの家は、貸しに出しています。
真夏でも、なんだか、かなり涼しい地方です。朝は10度くらいでしょうか。
Dsc063730013_2
秋に、私の実家にも行きました。
キャット(私たちの娘)は、旅行に、この猫のぬいぐるみだけを連れていきました。
そして、あちらこちらで、記念撮影です。
どうやら、ゆきの代わりのようです。
ちなみに下の写真の撮影場所は九十九里町の海の駅です。
Dsc06688mini
最近、ゆきはまるまるしています。
るぅさん(夫の母)のお宅でゆきは食べ過ぎたと、私は思っています。
るぅさん曰く、「(私の実家への私たちの帰省中、)ゆきはものすごく寂しがっていたわ」とのことですが…寂しくて食べ過ぎって、なんだか、ゆきって、人並みです。
どうやら、るぅさんも、キャットも、ゆきも私たちと一緒に帰省したほうがいいと思っているようです。でも長い旅なので、ゆきの体に負担がかかると思うし、私は、ちょっと考えてしまいます。
ほら、まるまるしているでしょう。
Dsc07006
私は不器用なのですが、背に腹は代えられぬ、ということで、編み物をしたり、縫物をしたりしています。私の住む地域では、手作りのほうが安上がりですし、自分が作るので、雑であっても、変なことになることはないので気が楽です。
下の写真は、キャットの寝間着と、それとおそろいのお人形の寝間着です。
Dsc07166mini
 
そうそう、下の写真は、今年の元旦に撮ったものです。
車窓からの撮影ですが、寒そうでしょう。
Dsc06989
では今年もよろしくお願いします。
きいろひわ

2018年11月30日 (金)

皆さんのブログにコメントが書き込めないので…

こんにちは。
最近、コンピューターを買い替えたのですが、どうしたことやら、新しいコンピューターから皆さんのブログにコメントを書き込もうとすると、エラーとして、拒絶されてしまいます。
ということで、皆さんのブログに書き込みたかったコメントをこのブログの次回の記事に書いてしまおうと思うのですが、よろしいでしょうか。
***
私たちは、ゆきもキャットも皆元気です。ゆきは、私たちの帰省中、るぅさん(夫の母)のところで暮らしていたのですが、びっくりするくらい丸々としてしまいました。
るぅさん曰く、「ゆきちゃんは(私たちがいないので)あからさまに、ものすごくさびしかっていたわ」とのことで、寂しくて食べ過ぎて太ってしまったようです…
写真は次回に載せますね。
ではまた!近いうちに。

2018年9月10日 (月)

私たちは元気です。

こんにちは。
おひさしぶりです。
庭いじりと水彩画制作と、キャットとゆきの相手でてんてこまいの毎日を送っています。
長く書くと、コンピューターがフリーズしてしまうので、短い記事にしますね。
Dsc064300001
庭は狭いので、鉢植えで家庭菜園を試みたら、すべての植物が元気に育って、庭の一部がジャングル状態です。
Dsc064440015
ゆきは、鳥とリスに夢中です。困ったものです。
Dsc065110039
夏休みは、去年と同じ場所(アメリカ合衆国です)に行きました。去年は、砂浜に、砂粒に交じってとげのようなものがあって、はだしで歩くのが痛かったのですが、今年はそういうものがなくて、よかったです。
皆さんはどんな夏をおすごしになりましたか?
こちらは、今朝の気温が2度で、だんだん朝晩は寒くなってきました。(夫は「ちょっと涼しいんだ」と言いますが…)昼は17度くらいまで気温が上がるので、過ごしやすいです。
まだまだ暑い地方もあると思いますが…秋の気配を感じられるようになるといいですね。
ではまた!

2018年6月 6日 (水)

庭の花 2 2018年5月30日前後

こんにちは。
雪が消えたころから、庭では、どんどん芽が出、花が咲き始めました。
水仙
Dsc057280003
ゆきと一緒に庭に出て、撮影しています。
Dsc057260001
水仙の球根、詰め合わせを買ったので、さまざま、いろいろな水仙が咲きます。
Dsc057270002
Dsc057330008
Dsc057290004
チューリップは、ピンク色の花の咲くチューリップの球根の詰め合わせを買ったはずなのですが、紫が大半のような気がします。
Dsc057300005
下の写真にあるつぼみはきっとピンクだと思います。
Dsc057310006
チューリップ。おそらく原種系ですが、そういうことは袋には書かれておらず…
でもきれいです。
Dsc057340009
茎が短く、細いので、花束にはあまり向かないと思います。
Dsc057350010
黄色だけではなく、赤もあります。
Dsc057360011
私の育て方が悪かったのかと思いましたが、どうやら、こんな風に咲くみたいです。
下の写真は普通のチューリップ。八重が多いです。
小さな花壇ですが、咲いてくれれば華やかです。
Dsc057390014
オレンジ色のチューリップ。八重です。
これらのチューリップなんですが、この後、キャット(娘)の通う保育園に持っていったら、子供たちが喜んでくれました。
Dsc057410016
キャットが、チューリップの花に水をかけるので、心配していましたが、無事開花し、花びらも無事でした。
Dsc056910015
Dsc057430018
上から見ても、チューリップ、かわいいです。
Dsc057450020
その数日後…
ピンクのチューリップが咲き始めました。
Dsc058660016
猫の額ほどの土地で咲いています。
Dsc058670017
Dsc058680018
Dsc058690019
空いた土地に植えているだけなのですが、子供たちなどは、「あ、咲いている!」などと言ってくれます。
゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
そうそう、私たちの家の花壇のアイリスのところにに芝が入り込んでいます。引っ越してきた時からそうなのですが、どうしたら、芝を花壇から取り除くことができるでしょうか。アイリスは大きいうえ、球根(根)が張っているので、芝生だけを取り除く、というのが簡単にはできません・・・ほかのところ(花壇)の芝生は、土を変えるついでに取り除けたのですけれど…アイリスの場合は、アイリスを引っこ抜かなくてはいけないのでしょうか…
゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
それから、今年、種まきを室内でしました。ラベンダーは、全然芽が出なくて、「全滅だわ、種が悪かったのかしら、それとも、冷蔵庫で種を冷やさなかったのが悪かったのかしら」と
思っていたのですが、植えてから一ヵ月以上経って、芽が出てきました。びっくりしました。
゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
それから、キャットが裏庭で遊んでいる様子を少し…
6月の様子です。
裏庭用におもちゃを用意しました。
Dsc058650015
駆け回っています。
Dsc058580008
ゆきが裏庭の崖を上りたがったので、一緒に上りました。
Dsc058780028
Dsc058790029
ゆきといっしょに、キャットの様子を高みから。
写真だと見えないですね。カメラって、不思議です。人の目には明らかに見えるものなのに・・・実際にはかなり近いのですが。
Dsc058810031
見えました!
Dsc058830033
そのあと、キャットが合流して、みなで林を歩きました。
Dsc058890039
ゆきはあちらこちらですりすりしています。やっぱり、よそのネコさんが来ているのでしょか。
Dsc058850035
 
 
 

2018年6月 2日 (土)

2018年冬から春にかけての鳥

冬の終わるころ、小鳥たちが私たちの庭にやってきました。
Dsc054610014
Dsc054670020
暦では春のころです。
下の写真のこの鳥は、ベニヒワでしょうか。(学名:Carduelis flammea、英語名:common redpoll、フランス語名:Sizerin flammé)
Dsc054730004
下の写真のこの鳥は、アメリカコガラでしょうか。(学名:Parus atricapillus、英語名: black-capped chickadee、フランス語名: mésange à tête noire)人慣れてしていて、びっくりします。餌のヒマワリの種を持っていくと、私たちの近くに来ます。
Dsc051510011
下の写真のこの鳥は、セジロコゲラでしょうか。(学名:Dryobates pubescens、英語名:downy woodpecker、フランス語名:Pic mineur)我が家の庭木に来だした頃は人見知りをしていたのですが、最近では、私たちが近づいても平気でいます。私たちに慣れてしまったようです。
Dsc051540014
Dsc051670027
ゆきは、鳥が来るほうばかりを見ていました。
Dsc051690029
この後ろ姿は…ギンザンマシコですね。きっと。(学名:Pinicola enucleator、英語名:pine grosbeak、フランス語名:Durbec des sapins)
Dsc052310003
やっぱり。
Dsc052320004
この鳥は・・・???羽が見えないので…ギンザンマシコの雌かと思ったのですが。
Dsc052360002
これは…スズメ目の鳥ですよね。
Dsc052410007
アメリカコガラさん、再び。
Dsc052440010
これは…スズメ目の鳥ですよね。いくつか、名前が浮かびますが、ちょっとはっきり言えません。
Dsc056700003
この写真の鳥は、日本語名はわからないのですが、英語から直訳すれば黄腰鶯(キゴシウグイス)くらいの名前になります。学名Setophaga coronata、英語名yellow-rumped warbler、フランス語名Paruline à croupion jauneです。
Dsc056720005
このほかにもフタスジモズモドキらしき鳥さんなどがいるのですが、そのうち、写真に撮れたら紹介しますね。
そうそう、冬から春にかけて、我が家の居間はほんとうにめちゃめちゃでした。怪獣が襲来したわけではないのですが…ちなみにキャットが持っているのは、たぶん、誕生日プレゼントの馬のおもちゃの手綱です。
Dsc053010007

«庭の花 1 2018年5月20日過ぎて