2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ココログ関係のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

  • ココログ広場で「ポチッと」をしていただけたら嬉しいです。
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ

2020年2月24日 (月)

猫の日、ということで。

2月22日は猫の日でしたね。

ということで、ゆきです♪

写真撮影が苦手なゆきなので…水彩画で。

Dsc08927sansnom  

最近、キャットがゆきと仲良くしようとすることが増えました。

でも、キャットはゆきには、大きすぎます。

Dsc08913sansvisage

困っているゆき。キャットがギュッとだきしめるのですよ。

Dsc08914

それでも、おやつは、キャットのほうが、私よりも、たくさんやるので、ゆきはご機嫌です。

Dsc08898

なにはともあれ、丸々した猫です。夏になれば少しスリムになるのですが…

 

 

2020年2月22日 (土)

バレエを見に行きました。

先週のことだったでしょうか、バレエの公演が近所の文化センターであるということで、娘と一緒に見に行ってきました。

バレエの演目は、シンデレラの物語に、アレンジを加えたオリジナルストーリーでした。お話が単純なので、お話を追うことなく、バレエをゆっくりと鑑賞できました。娘は見に行く前から大興奮、見ている最中も大興奮でした。

ところが…

舞台が終わって、バレエダンサーの方たちに会える時になったら、娘はものすごく硬い表情になってしまいました。おともだちにあっても、なんだかぼおっとした感じで、知らん顔をしてしまいました。(お友達のおばあさんは、「キャットちゃん、疲れきっているのね~、もう目が寝てる(笑)」と言ってくれましたが…)

親の私はどうしてよいやら…ほかの子供たちが、バレエダンサーの方たちと握手したり記念撮影したりしているのに、私たちはさっさと帰宅の途につきました。車中で、娘は「お母さんがカメラを持ってきていないから、写真が撮れなかった(ので、機嫌が悪い)」というようなことを言っていましたが、やはりかなり疲れていたようで、自宅到着後、とりあえず家じゅうを駆け回り、やっと寝る準備をしたと思ったら、あっという間に寝付いてしまいました。

翌日、娘がバレエ公演をどう思ったか聞きたく思い、私は、娘に「昨日のバレエ、どうだった、素敵だったよね。」と話しかけたら、キャットは返事をしませんでした。王子様とヒロインの抱擁シーンがあったのですが、それが(見ていて)恥ずかしかったという感じのことを言ってから、子どもたちのダンスが面白かったと言いました。そこで、私は、この公演に、地元のバレエアカデミーの子供たちが出ていることを思い出しました。あまりにも短い出演時間だったので、私の印象には薄かったのですが、キャットは覚えていたようです。「こどもの視線は大人のとは違うなあ」と私は思いました。親同士の会話では、「バレエアカデミーでは一年のレッスンが公演に出演する数分のために使われていてもったいない」というような話だったので、なんというか、私の中では「あれだけの出演時間のために授業料や衣装代をいくら支払うのだろうなあ」くらいのことだったのです。

そして、週末になりました。チアリーディングクラブの練習に行く準備をし始めたら、キャットは行きたくない、と…大好きだったチアリーディング(リズムに合わせて体操をする、という感じのことですが)をしたくないと言い出すとは、私はびっくりしました。どうにかなだめて、練習に間に合わせました。キャット曰く、「バレエの子たちほど自分はできないからいや」なんだそうです。そんなことを考えているとは、私はまたまた驚きました。

 

2020年2月 4日 (火)

久しぶりに映画を見ました

おひさしぶりです。

月一回くらいは更新できたら、と思っています。

娘のキャットが大きくなったので、最近、映画を見てきました。

娘のお気に入りはディズニー映画のようなものです。ということで、見たのは、「アナと雪の女王II」です。こういう感じの映画を見ていると、私は、生来、楽天的なのですが、そういう傾向がもっと強まるような気がします。気を付けなければならないなあ、と思いました。

映画館に入ると、娘は、ポップコーンと水が欲しいと言い出しました。どこで覚えたのか、映画館に生まれて初めて入って、すぐにポップコーンが食べたいと言うとは、ちょっと、びっくりしました。なにはともあれ、ポップコーンと水を買いました。結構な出費だと思いました。

「アナと…」は、英語の題では、Frozenというのですけれど、確かに、と思いました。日本語やほかの国の題では、「雪の女王」をタイトル中に使っていることがあるようですが…雪というより、氷の女王みたいだと思いました。

歌は、数年前の「アナと…」の歌よりも、キャッチーではなかったようで、キャットは歌を覚えませんでした。よかったです。前作の「アナと…」をテレビで見たときは、あの歌に(https://www.youtube.com/watch?v=A2cYNa_EsKA)感動して、そのあと、大変だったのです。

ちなみに、フランス語では、https://www.youtube.com/watch?v=wQP9XZc2Y_c になります。Libérée, délivrée(解放され、自由の身となる、というくらいの意味でしょうか)というところが印象的です。

制作者のインタビュー記事を読んだのですけれど、この作品(II)で、Iで提起された疑問は全て解けるみたいな感じの発言があったのですけれど、私の疑問は、この映画を見ても、全然解決されませんでした。というのも、私は、クリストフが何者で、家族は何をしているのかとか、アナとエルサの親御さんのお身体はどちらに行ってしまったのかとか、そういう感じの至極世間一般的なことを疑問に思っていたのです。

なにはともあれ、キャットは大満足したようなので、よかったです。

キャットが二時間くらいおとなしくできることが分かったので、これからも機会があれば映画などいろいろ見たいと思いました。

 

 

2020年1月 7日 (火)

2020年もよろしくお願いいたします。

お久しぶりです。

きいろひわです。

私の娘キャットがコンピューターに興味を持ってしまい、ニフティを開くと、ガチャ、インターポット(キラリ・ビンゴ)、ぽちっと、ばかりになってしまいます。

そういうところに、私たちの家の猫ゆきが、コンピューターのキーボードの上を歩いたり、私たちとコンピューター画面の間に座り込んだり…

なにはともあれ、ブログ更新どころではありませんでした。

ハッピーのパパさんのアドバイスを参考に、キャットが寝てから、記事を書くことにしてみました。うまくいくでしょうか。一週間で一本ぐらい記事がアップできればいいのですが。

***

冬休みには、私たちは夫の実家に行くのですが、私はいつも何冊か本をもっていきます。今回は、日本語では、群ようこさんの作品とさくらももこさんの作品をもっていきました。本は頂き物で、いつか読みたいと思っていたので、今回読めてとてもうれしかったです。

群ようこさんは、女性に人気があると聞いていたのですが、なんとなく、納得でした。なかなか印象深くて、話の内容が頭に入ってきやすくて、面白かったです。「わあ、なんか、私の母世代が好きそう」と思いました。読んだ本の中の一冊に「びんぼう草」というのがあったのですが、裏表紙に「フツーの人々を力強く応援する、一読爆笑、元気百倍の小説集。 」みたいなことが書いてあったのですが、読後、私はすごく考えてしまいました。すごく問題のありそうな男の子の話とか、自立していると思い込んでいるお年寄りの話とか、シジミとのつながりくらいしか耐えられない女性の話とか…なんというか、「どうしよう、こんな人たちの話を読んで、笑えないよう」と私は思ってしまいました。とくに、シジミを飼っている女性は、結婚に関する話をさんざんされて、それを嫌がっている女性なのですが、私自身、この主人公の女性のように独身時代がとても長かったのに、親戚からも知り合いからも、結婚を勧められたことが一度もなかったので、「どうして私は結婚を勧められたことが一度もないのに、この主人公は結婚を勧められるのだろう」と、なんというか、かわいそうだと思いつつも、興味津々でお話を読んでしまいました。
それから、「福が来た パンとスープと猫日和」も読みました。なんというか、テレビのドラマを見ているような気がしました。不思議です。

さくらももこさんの作品は、時期に応じて、なんとなく、ヴァリエーションがある感じがしました。「さるのこしかけ」・「たいのおかしら」・「あのころ」・「さくらえび」などを読んだのですが、そのときどきによって、微妙にさくらももこさんの雰囲気が違って感じられたのが、よかったです。

フランス語では、俳句の本を一冊持って行ったのですが、夫の実家で書類に紛れてしまい、自宅に戻ってくるまで、行方不明になっていました。自宅に戻って、書類を整理していたら出てきたので、とてもうれしかったです。ちなみに本の題名は、Le reste peut attendreです。これから読む予定です。

この前、私の実家に帰省した時、キャット向けに本を何冊か購入しました。キャットは、「ノンタン」シリーズが好きで、ノンタンシリーズでは「ノンタン ぶらんこのせて」「ノンタン おばけむらめいろ」「ノンタン あわぷくぷくぷぷぷう」などを購入しました。それから、「ぐりとぐら」シリーズでは「ぐりとぐらのかいすいよく」を買いました。ほかにも、いろいろ買ったのですが、そのなかで、「ねえ だっこして」も買いました。絵が「トマトさん」の田中清代さんで、文が「せんろはつづく」の竹下文子さんだったうえ(両方ともキャットが好きな絵本です)、表紙に猫の絵があったので、買いました。こんな風にして、私はあまり深く考えないでこの本を買ったわけなのですが、内容を読んで、なんというか、絵本の中で独りで語る猫がゆきに思われて…涙が出てきてしまいました。実際には、年下のきょうだいのできた年上の子の気持ちを猫のひとりごとに託していると、考えたほうがいいようなのですが、私にはストレートに、ゆきのことばのように感じられました。(出版社の説明によると「せつなくてちょっと甘酸っぱいネコの気持ちを描いた絵本!お母さんにだっこしてほしい気持ちと、我慢しようと葛藤する気持ち。そんなせつないネコの心情を描いています。弟や妹が生まれた時の子どもの気持ちと、どこか重なって見えてくる絵本です。お母さんのおひざは世界一すてきな場所。なのに、今そこは生まれたばかりの赤ちゃんの場所。もう大きくなったから自分は平気だもんと強がってみせるネコ。飼い主に赤ちゃんが生まれた、その時のネコのほんとうの気持ちとは……。 https://www.ehonnavi.net/ehon/7729/%E3%81%AD%E3%81%88%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%93%E3%81%97%E3%81%A6/

***

キャットもゆきも元気です。ゆきは私たちの私の実家への帰省中、夫の実家で過ごしていたのですが、真ん丸に太ってしまいました。びっくりしました。

Dsc08897

Dsc08880

ゆきは、カメラに向かってくるので、寝ているときか、寝起きの時くらいしか写真が撮れません。この時も、このあと、カメラのレンズに鼻をつけられてしまいました。レンズをぬぐいましたが…跡が残っているような気がして仕方がありません。

***

キャットは、いつも元気いっぱいです。年を取ったぶん、聞き分けが良くなってくれて、旅行するのがだいぶ楽になりました。

Dsc08637

この写真では船に乗っています。(撮影時期は10月初旬です。)

***

では、今年もよろしくお願いいたします。

それから、みなさんのブログ記事を楽しみにしています。

 

きいろひわ

2019年9月15日 (日)

8月の庭の様子

こんにちは。

10月になる前に、8月の庭の様子を記録に残したいと思います。

こちらは寒くなりました。昨日の気温は、14度くらい(日向の気温計は20度を指していましたが)、今は8度くらいです。昨日、出かけたとき、フリースのジャケットを着ました。

少しだけ、夏の思い出を下に載せますね。

下の写真は、少し前に、出かけたとき、撮りました。雲海というのでしょうか、きれいだと思いました。

Dsc08301

そうそう、今年の夏も、北米の海岸に行きました。暑くて、日差しが強くて…でも、キャットは上機嫌でした。(私は暑くて、日差しが強いのがかなり苦手です。本当に、まいってしまいます。)

Dsc08206

それから、最近のゆき。キャットに七夕の飾り(だったもの)を首にかけてもらって(かけられて)…^^;

背景がごちゃごちゃしていますが、気にしないでください。

Dsc08322Dsc08328

*****

では、8月末の庭の様子です。

前に住んでいたところでは立ち枯れしたひまわりですが、ここでは、植えていないのに、咲きます。

鳥のエサのひまわりの種を、リスが埋めてそのままにしたのだろうと思っています。

Dsc08330  

スーパーで投げ売りされていたペチュニアの現在。買ったときには、からからに乾いていたのが、いまでは、みずみずしくなってうれしいです。

Dsc08332

これ(下)も、そうです。不思議なのは、この花に「スミレ」と書かれていたことです。どう見ても「スミレ」ではないですよね。それとも、こういうピンクのスミレがあるのでしょうか…ちなみに白いのも、あります。何枚か写真を載せますね。(私はニチニチソウみたいだと思いました。)

Dsc08333

Dsc08335

Dsc08357 Dsc08358

一体何の花なのでしょう???買った場所がスーパーだけに、お花のことはなかなか聞けません…

何はともあれ、バスケットに入れて、家の前につるしてあります。下のような感じです。

Dsc08337

下の写真は、「スミレ」やペチュニアと一緒にバスケットに収まっている(多分)バーベナ。

Dsc08336

下の写真の花は…今度、名札とみてきます。(名前があるのですが、出てきません…グーグルで、画像で検索をしたら、「ダリア」と結果が出ました。さすがに、ダリアではありません。)→名札には、「千日紅 ファイヤーワークス」とありました。写真次第では、グーグルによると、千日紅が、ダリアに見えるみたいです。みんなの趣味の園芸のページに写真がありました。似ていると思いました。https://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_image_slideshow&target_plant_code=702&num=3

Dsc08338

下の写真にある紫陽花は、茎が伸びすぎたうえ、私たちの留守中に誰かが触ったか、何かが上に倒れたようで、旅行から戻った時、倒れていました。茎が何本も折れていて、ちょっとびっくりしました。

Dsc08339

キャットニップ。ゆきが好きな草です。ゆきは、匂いをかぐだけではなくて、葉を食べます。

Dsc08340

風が強い日だったので、クレマチスのブルーエンジェルがうまく撮影できませんでした。ぼけぼけです。

Dsc08341 Dsc08342

植えなおしたアイリスから芽が出始めました。来年、花が咲くといいのですけれど…それから、スズランをできる限り取り除いたのですが、来年、スズランが出てこないといいな、と思います。

Dsc08343

エキナセア、ココナッツライム。生き延びています!

セージが壁沿いに植わっているのですが、セージはものすごく元気です。

Dsc08344

下には、おそらく、ウスベニアオイが写っているのですが、風で揺れて、ぼけぼけです。

Dsc08346

エキナセアのトマトスープも、生き延びています!

Dsc08347

 

 

デージー「ベッキー」、こちらも、元気です。

Dsc08349

これは、この前増やしたゼラニウム。キャットが植えたのですが、うまくいったようです。

Dsc08350

子供向けパッケージの朝顔の種を植えたのですが、花が咲きません…この種、子供向けではありません…

Dsc08351

キャットが買ったゼラニウム。家の中に置けないので、夫の職場に持っていく予定です。

Dsc08352

ローズマリー、元気です。

Dsc08353

 

Dsc08354

不思議なことに、大変元気で、花までつけたラベンダー。家の中に入れるのがちょっと怖いです。でも、屋外では越冬できないと思うので、家の中に入れてみる予定です…

Dsc08354 

終わりに近い、バーベナ(だと思います)。

Dsc08355

ペチュニアと、白い(スミレと書かれていたけれど、ニチニチソウに見える)花。

伸び放題です。

Dsc08356

スミレ、じゃないですよね…

Dsc08357

Dsc08358

***

家庭菜園のことを少し書きますね。

今年の家庭菜園は、去年よりも、植物の成長が1か月くらい遅いような気がします。ここでは、それは、いいことではありません。来年は、早生の種を中心に植えてみようと思います。

家庭菜園のナスは、花はたくさん咲くのですが、実になりません。

Dsc08359

下は、パンプキン(その1)。非常に弱くて、大丈夫かと毎日ハラハラしてみていましたが、実がつきました。

Dsc08360

下の写真にはきゅうりが写っています。キュウリ、毎日食べられて、お得だと思います。

Dsc08362

インゲン。こちらも、毎日、収穫できるので、よいです。

Dsc08363

ケール。虫食いがたくさんです。でも、そのままです。

Dsc08364

ミニトマト。今年もらった種は、晩生だったみたいです。3月くらいに種まきをして、9月になっても、収穫がまだです。

Dsc08365

赤花豆。たくさん花が咲いていますが、実るころには雪が降っていそうです。

Dsc08366

 

Dsc08367

Dsc08368

グリーンピースになる豆。やっと実がつくようになりました。

Dsc08369

写真にはないのですが、オカヒジキを試してみたら、とてもうまくいって、たくさん収穫できました。

写真にはないのですが、鉢植えで、ジャガイモを植えました。私たちの留守中に何かあったようで、私たちが家に戻ってきたとき、とんでもない状態でした。そして、それから立ち直ることなく9月になりました。(そういうわけで、写真には撮っていません。ひどい状態なので…)なにはともあれ、鉢植えの中を見てみようと思って、鉢植えをひっくり返したら、それでも、ジャガイモが一鉢につき10個から20個収穫できました。よかったです。

鉢植えで、とても不幸せそうだったレモンバームを、思い切って、花壇に植えてしまいました。来年が楽しみです(不安半分ですが)。

今年は、私たちの留守中に植物に触る人がいたのか、よほど天気が荒れたのか、私たちが家に戻ると、植物たちがかなり倒れていました。来年はそういうことがないといいなあ、と思います。

 

じきに、9月の花のことを載せたいと思います。ではまた!

2019年8月30日 (金)

7月末の庭の様子 (忘れていました!)

7月末の庭の様子、半分くらいしか紹介していませんでしたので、その続きです。

 

写真がうまく載せられません。

デルフィニウムのPacific Giantです。種をまいたら、ここまで大きくなりました。

 

Dsc08185_20190825092201 Dsc08184_20190825092201 Dsc08182_20190825092201 Dsc08181_20190825092201

 

カンパニュラ。白いのと、青いのがあります。

 

Dsc08180_20190825092201

植えたつもりはないのですが、花壇に今年初めて姿を見せた植物。ヤナギラン、でしょうか。

 

Dsc08179_20190825092201

下のデルフィニウムは、鉢植えで飼いました。

デルフィニウムのBlack knightともう一種類でしたが名前が出てきません。

 

Dsc08177_20190825092201

下のはキャットミント(ネペタ)です。大きくならないので、心配です。

Dsc08176_20190825092201

デルフィニウムのblack knightの下に、ゼニアオイ。これも、大きくならないので、心配です。

前に住んでいた家の庭ではものすごくよく育ったのに、ゼニアオイもキャットミントも、ここではいつか消えてしまいそうな感じです。

Dsc08174_20190825092201

ということで、元気づけに、デルフィニウム。

 

Dsc08172_20190825092201

それからクレマチスの、blue angel。ご近所さんから、「きれいですね」と言われます。

下の小さく見える黄色いのは、ヘメロカリスです。たくさん咲いてくれます。

Dsc08170_20190825092201

Dsc08169_20190825092201

ハーブを外に出しました。

レモンバームと、バジルは、ともかく難しいです。

Dsc08167_20190825092201 Dsc08166_20190825092201 Dsc08166_20190825092301

 

ミントは大丈夫です。でも、アップルミントとか、パイナップルミントとか、そういうものになると、ちょっと弱いように思います。

Dsc08165_20190825092301 Dsc08164_20190825092301

紫陽花のアナベルだったかな、と思います。寒い地域でも強健です。

Dsc08163_20190825092301

こちらは一年草(扱い)の花たち。

ヘリオトロープ、バーベナ(の一種)、ガウラなどなど・・・園芸店のバーゲンで買いました。(本当なら結構な値段のする花たちですが、お得に買えてうれしかったです…)

 

Dsc08161_20190825092301 Dsc08162_20190825092301 Dsc08160_20190825092301 Dsc08159_20190825092301 Dsc08158_20190825092301 Dsc08157_20190825092301

 

ほかにも、ペチュニアや、どうみても、スミレではないのにスミレと書かれていた花などを一年草(扱い)で、飾っています。

今年は、いろいろ忙しくて、みんなより遅れて、庭の手入れを始めたのですけれど、どの花もちゃんと咲いてくれたのでうれしいです。

写真の大きさがまちまちなので、すごく変な気がします。

以前の記事に載せたキャットとゆきの写真、下に再び載せてみます。こちらでは大きめに載るようです。不思議です。

キャットの絵本に乗るゆき。ゆきは、寝るときは、キャットの布団の上に乗ります。

キャットがゆきにかなりいろいろないたずらをするので、私としてはかなり心配なのですが、ゆきは平気でキャットのそばにいます。

そういえば、今日、8月28日の朝、キャットが起きぬけに「夢を見た」と嬉しそうに初めて私に言いました。私も嬉しく思い、何の夢を見たのか尋ねたところ、「ゆきを抱っこしたの」と…「そうだねえ、ゆきはおおきいから、じっさいにだっこするのはむずかしいものねえ」と私は言いましたが、キャットは「ゆきは軽くてやわらかくて、あたかかった」とご機嫌でした。

そういえば、キャットが6か月くらいのころの話です。ある午後、私とキャットとゆきが、居間にいました。キャットはソファに向かっていて、ゆきはキャットの背後を歩いていました。その時、いきなりキャットが「ゆきちゃん」と言いました。びっくりしました。ゆきも歩みを止めて、振り返って、キャットを見ました。専門家の話によると、赤ん坊が音を発するとき、たまたま、音が「(私たちの耳には)そう聞こえる」ということがあるそうです。つまり、キャットはただ音を発しただけで、私たちはその音に意味を見出した、というわけらしいです。それにしても、「ゆきちゃん」って、何も考えずに、一連の音をだすのは難しいように思いました。不思議なこともあるものだ、と思いました。

Dsc08314

2019年8月25日 (日)

2019年7月下旬の庭の様子など

こんにちは。

この部分は。7月末に書いています。

暑い日が続いていたのですが、今日は一転、気温は17度で、涼しいです。

アイリスが咲き終わったので、先週末、ついに、アイリスの手入れをしました。

アイリスの植えてある花壇に、スズランと芝生が入り込んでいて、ちょっと大変なことになっていたのです。

実際にシャベルを入れてみて、事態はもっと深刻なことに気づきました。

芝生はどうにか取り除けたのですが、スズランの根茎はアイリスの球根や根に絡みついていました。

スズランは毒をもっているので、早いうちに取り除こうと思ってしたのですが、実際には少し遅かったようです。

なにはともあれ、9割がたのアイリスをもとに戻すことができたので、よかったです。

来年、アイリスが咲いてくれるといいのですけれど、どうでしょう…

***

庭の写真が撮れたので載せますね。7月下旬の様子です。

植物の正確な名前のわからないものがあります。前の人が植えたものが多いので…

 キャットの選んだゼラニウム。25円でした。

 

Dsc08132

キャットの植えた朝顔と、冬は室内で過ごすゼラニウム。ピンクの花が咲きますが、この写真には写っていませんね。そうそう、キャットと一緒に枝を切って、増やしています。

Dsc08133

キャットの植えた朝顔。子供向けイラストのついた種を購入したのですが、この類の種は、発芽率がかなり低いような気がします。かぼちゃと朝顔、各一袋づつ買って、植えたのですが、8粒入っていたうち、どちらも、2粒しか発芽しませんでした。8粒中2粒…25パーセントくらいの発芽率です。こどもがまくことを想定して売る種なら、もう少し、発芽率の高いものを…と思います。

ちなみに普通のパッケージの種は90パーセントくらいの確率で発芽しました。

 

Dsc08135

キャットと一緒に増やしたゼラニウム。いくつちゃんと育つか、楽しみにしています。

Dsc08136

雑草扱いされる、西洋ノコギリソウですが、私は好きです。フランス語でachillée millefeuiile、英語でcommon yarrowというはずです。

 

Dsc08137 

 

これはお花屋さんで、安くなっていた花です。エチケットもなくて、投げ売り状態でした。バーベナかな、と思ったのですが…薄いオレンジできれいです。

Dsc08138

これは、ペチュニアだと思います。これは、スーパーで投げ売り状態で、本当にひどい状態でした。レジで精算した時、レジの人に、「これ、大丈夫なの?」と尋ねられました。

Dsc08139

これは、パンプキンです。キャットが種をまきました。実がなるといいのですが…

Dsc08140

ミニトマトはまだ青いです。

Dsc08141

庭が狭いので、すべてポット栽培です。

Dsc08142

なんとなく、様子が伝わるでしょうか。

キュウリ、ナス、トマト、インゲン、カボチャ、パンプキン、ケール、豆、おかひじき、しそができる「はず」です。

お花は、スーパーやお花屋さんで投げ売りされていたものです。

Dsc08143

これは・・・たぶん、ケールですが、青虫がたくさんで、食べられません。

Dsc08144

これは、ブロッコリーですが、これも青虫がつく「予定」です…去年そうだったので…知り合いは、水で薄めた食器用洗剤を葉にかけて、虫食いを防ぐと言うのですが、私はそこまでして、ブロッコリーを食べたいと思わないので…運よく食べられたらいいな、と思います。

Dsc08145

 

***

8月の様子は次回の記事で…アップするのに一か月近くかかってしまいました。

 

最近のキャットとゆきの様子。キャットが本を読んでいたりすると、ゆきが本の上に乗ります。

 

そうそう、写真の大きさがまちまちなのですが、どうしたら、普通の大きさに統一できるのか考えています。

2019年7月25日 (木)

2019年7月上旬・中旬の思い出

皆さん、お元気ですか。

今月は忙しかったです。貸している家の様子を見に行ったり、ちょっと遠出したりしました。

今月のことをいくつか。

 

貸している家を見に行った時、泊まっていた宿の猫さんです。

宿に猫は入れないので、ガレージを改造した専用の家がありました。

冬の暖房もばっちりの大きな家でした。小さな猫でしたが、野ウサギを捕まえることもあるそうです。

Dsc07925

下はゆき。少しスリムになったのですが、おととい見たら、また太っていました…

 

キャットは、元気です。公園にて。薔薇がたくさん咲いていました。

Dsc07874

庭の植物の写真を撮ったはずなのですが、見当たりません。また撮りに行きたいと思います。

ではまた!

 

 

 

2019年7月 7日 (日)

2019年6月の思い出

6月下旬ごろ、アイリスの花が満開でした。青紫のものと、白と紫の混じったのとがあります。

 

それから、オニゲシの赤い花がきれいでした。

 

オダマキの花は、7月上旬の今でも、かなりきれいに咲いています。

 

 

デルフィニウムの花は、西向きの花壇でのみ咲いています。

 

 

 

そのほかにも、シロツメクサ、マメ科の花などの花も咲いてきて、うれしい限りでした。

 

ディジーはまだまだです。

 

  • Dsc07840

リラ(ライラック)の花は今も咲いています。

Dsc07845

キンポウゲは夏の間中咲いています。

 桜の花のような白い花。散っていました。

Dsc07842

 

 

 

ゆき、少しスリムになったのに、写真を撮っていません…キャットのも…

 

 

2019年6月25日 (火)

夏になってしまいました…

こんにちは。

おひさしぶりです。

娘のキャットがカメラとコンピューターに興味津々なうえ、私の住む地域はフェイスブックを使ってみな交流するので、なかなかニフティにまで来れず、ブログの更新ができませんでした。

今年は大雪のせいか、庭に春が来るのが遅くなりました。

庭の5月の様子です。水仙が思ったよりも咲きませんでした。

チューリップはなかなかよく咲きました。

ムスカリは初めて見る感じの咲き方の花でした。スーパーで売られていた球根だったのですが、園芸専門の会で売られるような球根とは違うのでしょうか。

写真を掲載できない(ぼけていました)のですが、クロッカスが案外きれいに咲きました。

三色スミレの花が、おととしから毎年借りている家庭農園に咲いているのですが、毎年雑草扱いで引き抜かれてしまうのがいたたまれなくて、私は自宅の裏庭(裏山?)の傾斜面に移植しています。それが結構きれいに咲いてくれてうれしいです。

現在、6月24日なのですが、裏庭ではリラ(ライラック)の花やヒメリンゴ(?)の花が咲いています。山の木々にも花が咲いています。バラはまだです。写真にとる予定です。

それから、アイリスが大変きれいに咲いています。これも写真にとる予定です。

皆さんの夏はいかがでしょうか。暑すぎず、涼しすぎず、雨降りばかりでもなければ、カンカン照りばかりでもないような夏だといいのですけれど…

 

Dsc07698

Dsc07667 Dsc07665 Dsc07664 Dsc07658 Dsc07649 Dsc07648 Dsc07625 Dsc07617 Dsc07550

5月なので、まだ肌寒い季節です。よく、庭のがけを散歩しました。6月24日現在、ゆきは少しだけスリムになったような「気」がします。

Dsc07710 Dsc07702

 

Dsc07514 Dsc07514

 

 

«スパムコメントが多いのでコメント投稿についていくつか変更しました