2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

2024年6月30日 (日)

猫の紹介

猫の紹介です♪

あき 別名びびりあき

びびっています。

男性に慣れていません。

袋を見ると怖がります。

「子ねこだったころ、絶対に何かされたんだな」と思います。

私の膝の上にいるととても幸せそうなのですが、夫が来るとものすごい勢いで逃げてしまいます。

夫、ショックです。

ぼぶる 別名ぼぶるちゃん

サイレントミャオばかりだったのに、最近になって、ずいぶんおしゃべりするようになりました。びっくり。

自分がお姫様扱いされていないとすねます。

グリゼット 別名ぐり または ぐりちゃん

ともかく暴れん坊。全身で遊びます。

年齢三歳ということでしたが、動物医院では「一歳から一歳半くらい」とのこと。

妊娠して、飼い主さんに保護施設に預けられ、保護施設で出産後、私たちのところに来ました。

「前の飼い主さんに飼育放棄されていたのかな」、と思わせるような感じがします。

ものすごく甘えてきます。

でも、爪を切らせません。困ったものです。



2024年1月23日 (火)

2023年はとんでもない一年でした。

こんにちは。

おひさしぶりです。

きいろひわです。

去年は殆どブログの更新ができませんでした。

理由はいくつもありますが、いくつか挙げてみますね。

1仕事を始めたこと

2仕事が教育関係ではなくて、ちょっと精神的に戸惑ったこと

3仕事が精神的にきつかったこと

4仕事が個人情報にかかわるような内容だったので、他人と会話するのすら気が重かったこと

5子供が習い事などをしていて、その手伝いをしたこと

6夫の母(るぅさん)がなくなって、そのあとの手続きがたくさんあったこと

7子供の友達関係が多くて、誕生日会とかに招待されることが多く、その面倒を見たこと

8あき(猫)が逃げて、行方不明になってしまったこと

9新しい猫(ぐりぐり、または、ぐり、またはグリゼット、または ふゆ)が来たこと

10行方不明だったあきが、大みそかに突然戻ってきたこと

などなど

仕事を引退してから15年以上外で仕事をしていなかったうえ、教育関連ではない分野というのはちょっと大変でした。教育関連だといつでも『先生』ですけれど…

それから、仕事先が、コロナ禍で生活苦に悩む人や薬物中毒の人などが来る場所だったので、気を使いました。

子どもは、バレエを習ったり、チアーリーディングをしたり、楽しく過ごしているのですが、送り迎えや発表会などで大変です。それに、お友達からのお呼ばれがあったので、こちらもお誕生日会をしたりなんたりしたり…慣れないことだけに大変でした。

それから、夫の母が亡くなって、手続きがとにかく煩雑で、今もその最中です。幸いなことに、けんかなどはありません。本当によかったです。

そして、8から10までが、2023年の出来事の中で、本当にメインでした。

私の実家に帰省する3日前に、亡くなったるぅさん(夫の母)の家に猫と到着した時、あきが逃げてしまったのです。捕まえたら、すごい勢いでひっかかれて、噛みつかれて…あきは体をよじって私の腕からすり抜けて逃げてしまいました。

夫は大怒りで、これまた大変でした。夫は「あきが見つからないなら帰省しない」とか言い出して、私は困ったものだと思いました。

結局帰省したのですが、帰省中も帰省後も、あき探しの毎日でした。動物保護団体に連絡して、毎日過ごしました。なんどもるぅさんの家に行きました。

で、年末年始の帰省期になりました。夫の実家(亡くなったるぅさんの家です)で過ごすことになりました。

私は庭に出て、あきの名前をいつものように呼びました。返事はありません。でも、リスがいました。大きなリスです。(ハイイロリスです。)私はリスに向かって、あきという猫を探していること、あきという猫は夏にこのあたりにいたこと、あきは灰色で毛が短くて、目が緑色だということ、あきという猫を見つけたらこの家に戻ってくるように言ってくれ、と何度か繰り返して言いました。

リスは、(不思議なことに)黙って、動かず、私のほうをじっと見ていました。で、私が何度かメッセージを繰り返した後、それを理解したのか、パッと走り出して、どこかに行ってしまいました。

私は変な気持ちになりました。

で、翌々日の朝、灰色の猫が猫用の罠にかかったけれど、にがしてしまったと、夫の弟に言われました。

で、その翌々日、また猫が猫用の罠に入っていました。あきでした。

行方不明だった5か月24日間、何をしていたのかわかりませんが、のどが渇いていたらしく、戻ってきてからは水のそばから離れませんでした。

それから、餌をものすごい勢いで食べました。

動物病院に連絡したところ、喜んでくれました。寄生虫駆除の薬を、家にいる3匹分出してもらいました。2万円くらいかもっとして、「夫がびっくりするかな」とひやひやしましたが、夫は案外平気な顔をしていました。

ということで、今、家には猫が3匹います。エサ代が3倍になりました。おもちゃも壊れるのが早くなりました。噴水みたいな給水器を使っているのですが、水を足す頻度が高くなりました。トイレが4つあるのですが、トイレの一つはベッドの下の収納に使うプラスチックの箱です。大きいです。掃除も時間がかかります。

夜、ぼぶるちゃんは私の横で寝ています。ぐりはキャットと寝ています。あきは夫のそばの猫タワーの頂上で寝ています。で、朝の4時過ぎに、皆私のそばに来て、ぐり(グリゼット、ふゆ)は私の上で寝たり、私の上を歩き回ったり、寝室にある衣装ダンスの上に登ってそこから私の上に飛び降りてきたりします。あきは何もせず私のそばにいます。で、ぐりとけんか(シャー)になります。ぼぶるちゃんは、なめてきます。

朝の四時からこんな感じなので、眠っていられません。「更年期障害で朝三時に起きてしまった」とか、「ストレスで眠れなくて朝になってしまった」とか、同僚の人から話を聞くのですけれど、私は、朝の四時は眠いです。眠いです。でも、みんにゃが起こすので、結局5時過ぎから朝ごはんになってしまいます。

でも、幸せです。

ということで、私の2023年のまとめでした。

絵のことや俳句のことなど、次回にでも書ければ、と思います。

ではでは。

 

2023年5月27日 (土)

あきとぼぶる

16851264247101328682809437703831あきです。

20230324_224014

20230324_223002ぼぶるちゃんです。るぅさんがなくなって、うちに来ました。

2022年8月14日 (日)

こんななので、記事が書けません…

私のコンピューターのキーボードの上を歩き回り、キーボードをおかしくしてくれたり、私の手にかみついてくれたり・・・

この子が「あき」です。2021年4月生まれだそうです。全身灰色で、目が緑色です。耳が大きめ(ゆきの耳ほどではないです)で、体重が2.7キログラムくらいです。

この文章を書く間にも、3回コンピューターがあきにやられてしまいました…

次は、あきの寝ている午後に記事を書きたいと思います。

ということで、私たちは皆元気です。

ではまた。
Win_20220813_20_18_27_pro Win_20220813_20_18_23_pro Win_20220813_20_18_20_pro Win_20220813_20_18_17_pro Win_20220813_20_18_14_pro Win_20220813_20_18_14_pro Win_20220813_20_18_11_pro Win_20220813_20_18_04_pro Win_20220813_20_18_07_pro Win_20220813_20_18_00_pro Win_20220813_20_17_12_pro

2022年3月 6日 (日)

ゆきとのおわかれ

今年の2月の末日にゆきとおわかれしました。

舌のがんでした。

診断がおりたときに、あと数週間、と言われていたのですが、一か月以上普通に暮らしました。

でも、ある朝、結局、のどがかなりふさがってしまい、いきなり、病気の猫のようになり、そのまま、病院に連れて行って…でした。体重も減らず、毛並みもきれいなままでした。ただ、口のなかと、口の周りから足元までが健康な時と違いました。

ゆきのことを、私の目線で思うと、悲しくてたまりませんが、ゆきの立場に立って考えてみると、この選択でよかったのだと思います。獣医さんにも、「より良い選択だと思います」と言われました。

延命治療を選ぶなら、外科手術をいくつも受けたうえ、いくつもの治療を受けて、最後にチューブにつながれて、運が良ければ、数か月生きるくらいだと言われ、そんな延命治療は受けさせられないと思いました。

夫は、「次の猫も、灰色と白の雌猫で、耳が大きくて、肩に乗って、よくなついてくれて、おりこうさんなのがいい」と言います。

キャットは、「遊んでいる時に一緒にいてくれて、お風呂にも来てくれて、寝るときにも来てくれる猫がいい」と言います。

私は、いまだに、気持ちの整理があまりつきません。朝から晩まで一緒だったので…

そう、わたしとゆきが一緒に写った写真が一枚もなかったので、動物病院で、最後に一緒に撮ってもらいました。

写真は、そのうち追加しますね。

では。

 

2022年1月 7日 (金)

のんびりした年末年始でした。

2021年から2022年にかけての年末年始は、精神的にはきつかったものの、コロナ禍ということで、外出の機会が少なく、のんびりしたものになりました。

ゆきと同じ体勢をとるキャット。

Dsc03421modifie

だらけています。

真似しています…

Dsc03431modifie

ゆきはまるまるしています。

食べてばかりいてどうしようもありません。

 

 

 

2022年1月 4日 (火)

2022年いい年になりますように。

Torakagamimochi

 

2022年、いい年になるといいですね。

さて、こちらのブログにコメントを頂いた際に、「名前とメールアドレス入力」をお願いすることにしました。
去年、結構な数のスパムもどきコメントが来たので、これで予防になるかしら、と思っているのですが、どうでしょう。

そうそう、私は去年から、学童保育でパートで働いています。そのせいで、ちょっと忙しいです。

パートなので、一日数時間の仕事なのですけれど、コロナ禍+深刻な人材不足ということで、お役に立てればいいなと思っています。

もともと高校生を主に教えていたので、小学生は専門外なのですが、学生時代の小学生向け塾でのアルバイト経験が結構役立っています。

なにはともあれ、子ども相手で少し若返ったような気がします。絵をかいたりいろいろしていますが、コロナ禍で発表の機会や他人を交流するような機会がほとんどなくなってしまったので、外に出る機会ができてよかったです。

2021年10月23日 (土)

最近の水彩画

最近制作した水彩画の話をしますね。

いまは、大作の準備段階です。

前にいた町では寒すぎて、その場でスケッチがなかなかできず、写真を車内からとったりしていました。短い夏は忙しすぎて、スケッチがなかなかできませんでした。

キャットがやってきてからは、キャットの安全を考えるとおちおちスケッチなどしておれず、やっぱり写真に頼ってしまいました。

そんな風にして、写真と記憶といくつかのクロッキーから、現在、作品を制作しています。

いつか大作を制作できるようになりたいものです。大きな作品はテーマとかテクニックの配分とか材料とかきちんと考えていかないといけないので、心の平安が大事だと思います。コロナ禍で、せわしない気持ちでいるので、なかなか大作に向かう勇気が出ません。

ということで、今は、大作の前の習作の時期です。

上は、滝のある光景です。

下は、その滝の落ちた先、川の様子です。

やっぱり、滝のある風景のほうがインパクトがありますね。でも、川の様子も、大作にして、きちんと仕事をすると、かなり思索的できれいになるはずです。

Dsc03322

Dsc03313

そうそう、キャットとの会話を思い出したので、ここに、ちょっとメモしておきますね。

上の滝の絵をかいていた時です。参考にしていた写真がそばにありました。


キャット:「お母さんの絵は、写真に似ていない。落書きみたいだよ。」
私:「絵だもの。写真が好きなら、それでいいと思うなあ。写真だって、好きなように加工できるんだよ。コンピューターでできるよ。」
写真と私の絵を見比べながら、キャット:「お母さんの絵の滝、水に見えないよ。」
私:「写真を触ってごらん。水に触れるかな。写真だと、水だ、滝だと思うだろうけれど、お母さんの絵だと水や滝に思えないって、そりゃそうだよ。だって、実際、水や滝はここ(紙)にはないし、私は水や滝を描きたいと思っているわけではないからね。そういえば、世の中には、写真そっくりに描かれた絵もあるんだよ。」

私:「どうして、実際にあったとおりに描かなきゃいけないんだろうね。私はキャットの紫色の空が好きだよ。確かにあり得ないけれど、でもも、きれいだもの。」
キャット:「青の色鉛筆の芯が折れて、削ったけれど、うまくいかなくて、紫色の色鉛筆を使ったんだよ。」

私:「なにはともあれ、作品はとてもいいよ。で、それが重要なんだと思う。」
結構前の写真(今年の春あたりだと思います)ですけれど、ゆきの寝姿です。ピンクの首輪があるので、どこに首があるのかわかります。
Dsc01289

最近だんだん寒くなってきました。ゆきが毛布にくるまって寝る時期がやってきそうです。

2021年10月21日 (木)

2021年9月庭の植物

2021年の庭の様子です。

今年は暖かくて、庭が賑やかでした。

キャットが「花がたくさんの庭がいい」というので、種を植えたら、気候がいいのが幸いして、花が結構咲きました。「野の花の種セット」みたいなものに入っていた種を蒔いたので、名前のわからない花が多いです。名前がわからなくても、見ていると、元気が出ますね。

下のこちらはデージーのベッキー、多年草です。

Dsc03245

 

下のこちらはシモツケですね。

Dsc03244

下のこちらは…ゼラニウムでしょうか。

Dsc03242

こちらから下三つは、今年は久しぶりにたくさん咲いて長生きしてくれた(というか、10月下旬の今でも咲いています)せんにちこう (千日紅) です。 学名は Gomphrena globosa。 英語名は Globe amaranth、フランス語ではGomphrena (Gomphrena globosa )でよく見かけます。

 

Dsc03241 Dsc03240 Dsc03239

下は紫陽花のアナベルです。もう、花は終わりかけていますが、乾燥しても、きれいです。

 

Dsc03236

下はヒャクニチソウです。いろいろな色があって、楽しいです。お得だと思いました。

 

Dsc03234 Dsc03233 Dsc03231Dsc03018Dsc02885

下は朝顔です。今年は大成功でした。私たちがなにもしなくても、さまざまな困難に立ち向かい、花を咲かせてくれました。種が取れるかと思ったのですが、種ができる前に寒くなりすぎてしまいました。

Dsc03227Dsc03002Dsc03021

こちらは、たぶん、アイスランドのポピーとかそういう名前で売られていた種を植えて、花が咲いて、できました。

Dsc03225

下の三枚はグラジオラスです。私が子供のころ、母が、庭に、グラジオラスとオシロイバナを植えていたようにおぼえていて、キャットが大きくなったら植えようと思って、去年から毎年植えています。凍る土の中で冬は越せないので、秋には掘り起こして、球根を干して、地下室にしまうのですが、10月下旬の今でも花が咲いています。

Dsc03224

Dsc03223 Dsc03222

 

下の花は…わかりません。おそらく、撫子などに近い花だろうな、と思います。もしかしたら、ヤグルマソウかしらとも思ったのですが、ピンクなのですよ。

Dsc03210

下のこちらは、おそらく、ヨーロッパ系のタチアオイではないかと思うのですが、野の花セットに入っていたのが不思議です。豪華な野の花の種セットだと思いました。

Dsc03209 Dsc03208

下は、アマランサス。ですよね・・・

Dsc03207

こちら下の青い花は、ヤグルマソウ、英語ではGarden cornflower、フランス語ではbleuet(カナダ・フランス語圏などではCentaurée bleuet)というそうです。学名はCyanus segetum だそうです。カナダのフランス語圏でbleuetというと、ブルーベリーのことになるので注意してください。

Dsc03206 Dsc03205

ゆきは、キャットのお人形さんのテントが気に入っています。普通の猫用テントより大きいのがいいようです。見えますでしょうか。

 

 Dsc03285Dsc03284Dsc03282Dsc03280

 

ストレスからか、私の頭にはげができてしまいました。

気晴らしになるかと思い、学童保育でパートタイムで働き始めました。始めたばかりで、右も左もわからない感じですが、教員時代とは違った感じで驚きました。時代と場所が違うと、ほんとう、違いますね。まあ、「先生」と「学童保育の人」では、違う感じかしら、と思いますが…

2021年8月30日 (月)

2021年庭のハーブ

こんにちは。

今年のハーブです。

たくさんミントがあるのですが、写真がないことに気づきました。

あまりに当たり前すぎて、写真を撮らなかったようです。それからローズマリーも。今度撮影してきます。

ということで、まずは、オレガノです。たくさん咲いていて、蜂がたくさん来ます。

Dsc02824 

こちらには、紫のバーベナが写っていますが、黄色いキンセンカも写っています。キンセンカはこちらではハーブとして考えられています。

 

Dsc02818

 

下の写真には猫の好きなイヌハッカが写っています。

Dsc02809

下の写真には、ゼラニウムの隣に、ラベンダーが…このピンクのコンテナーはキャットのものということで。

キャットの選んだ植物が植わっています。

Dsc02805

下の写真にはラベンダーです。こちらのラベンダーはこちらで冬越しをするようなのですが、どこに地植えすべきか今、考え中です。

Dsc02793

そういえば、レモンバームとか、バジルもあるのですが、写真にとっていません。今度撮影したいと思います。

暑かったので、のぼせていたみたいです。ということで…

 

 

«2021年庭の花(続き)